avatar
Rachel Lu

After New York Times, Another Foreign Media Outlet Bites the Dust in China

asahi1
Screenshots showing the censorship of Asahi Shimbun’s social media accounts on Sina, Tencent, Sohu and Netease (via Weibo)

Asahi Shimbun, Japan’s second largest newspaper, maintained a very active and high-profile presence on China’s social media platforms. Its witty, playful and lighthearted commentaries attracted hundreds of thousands followers on Sina Weibo alone. Its fans often refer to the paper’s Weibo account (@朝日新闻中文网) by the nickname “Asahi-kun” — “kun” being the Japanese honorific used among friends.

On July 17, Asahi-kun vanished, to the astonishment of its Chinese friends. Asahi Shimbun’s longtime illustrator and Weibo operator @王左中右, who left Asahi Shimbun in March due to “force majeure,” tweeted,

Around 11 am this morning, Asahi Shimbun Chinese portal’s account on Sina, Tencent, Sohu and Netease microblogging platforms could not be accessed. As of now the accounts have been deleted. The reason behind it is unclear.

@王左中右 later followed up with another tweet, “An order from above.” The original tweet was retweeted more than 3,700 times with over 1,100 comments.

China’s Internet users were stunned by the sad turn of fortune for Asahi-kun at the hands of China’s censors. Several foreign media outlets maintain Chinese language portals and are very active on social media, including Wall Street Journal and Financial Times. The notable exception is the New York Times — the Grey Lady’s newly-launched Chinese language portal was blocked by the Great Firewall after the paper published an investigative report on the family wealth of then-Premier Wen Jiabao.

If the censorship of New York Times is swift retribution for unfavorable reporting, the fate of Asahi Shimbun in China is not so easily explained. Many Internet users are scratching their heads. @夜叉娑罗树 tweeted, “Asahi-kun did not say anything out of line.” Many users lit virtual candles in remembrance of Asahi-kun.

Some blame a recent column on Asahi Shimbun entitled “Take a Knife to Opaque Institutions” that discussed the liquidity crisis in the Chinese banking system, but the column does not seem offensive. A more likely culprit is Japanese Prime Minister Shinzo Abe’s visit to a couple of disputed islands near Diaoyu Islands (called Senkaku Islands in Japan). Several Internet users pointed out the irony that Asahi Shimbun is considered by many to lean left on Japan’s political spectrum and the paper usually takes a relatively liberal (read: pro-China) stance on contentious issues between China and Japan, including the row over Diaoyu Islands.

The U.S. Consulate in Shanghai’s official Weibo account was deleted in July 2012, with no explanation offered.

Perhaps the down to earth style that made Asahi Shimbun such a success in China also paved way for its downfall. One user offered his conjecture, “Some people want the Chinese public to hate Japan, but Asahi Shimbun makes Chinese people hate Japan less, therefore…”  Another joked, “Our Party is mighty indeed. It will be a matter of days before it wipes Japan off the map, on Weibo.”

One user commented,

Asahi Shimbun’s Chinese portal got harmonized? I really think our Party is too narrow-minded. If some content is not appropriate, you can harmonize it, but why harmonize the whole account? Also, Asahi is quite pro-China, and has quite some history with China (its banner uses a Tang-dynasty calligrapher’s work). If this kind of foreign media cannot be tolerated in China, doesn’t that give people an opportunity to criticize our country for being too closed off?

The capricious nature of censorship is one of its most powerful weapons, and Asahi Shimbun’s fate could serve as a warning to all media outlets that operate in China, foreign and domestic, that try to use their social media presence to stay close to the readers by pushing the envelope, even just a little bit. People’s Daily, the Communist Party’s paper of record, is notable for having a split personality in print and on social media, with the latter being colloquial, empathetic and even funny. 

One Internet user commented on Asahi-kun’s untimely demise, “With the way this thing is going, People’s Daily will be next.” 

2 Comments
Jump To Comments
avatar

Rachel Lu

Rachel Lu is a co-founder of Tea Leaf Nation. Rachel traces her ancestry to Southern China. She spent much of her childhood memorizing Chinese poetry. After long stints in New York, New Haven and Cambridge, she has returned to China to bear witness to its great transformation. She is currently based in China.
  • Eudaimonia

    Asahi Shimbun just published a report on CCP decision-making on foreign policy towards North Korea. Coincidence perhaps, but seems as likely as an explanation for the ban as Abe’s visit.

  • Jagatheesan Chandrasekharan

    パーリ語は、仏の土地でドアを示す

    インドの組合公共サービス委員会( UPSC )は最近、また、一般的にインドの公務員として知られているインドの行政サービス(IAS )の主入学試験の規定のオプションの言語の一覧から、古代のパーリ語を削除しました。パーリ語は、IASの候補者の中で第二の人気の言語として考えられているので、これは、多くの衝撃的な動きとして来た。しかし、この事件後発生した乱気流の間に、インドのパーリ語を専門に教授や教師はパーリ語インド亜大陸と仏は(も仏教キヤノンの言語です)ダンマを開示されている言語に固有であることを学んだパーリ語はインド古典や国の言語として認識されていなかった。これは悲しいことに彼自身の国の仏の言語にステップ母性治療を与えるインド政府を非難するために、世界中の生活の多くの仏教徒を促した。

    先週コロンボでこの問題に関するメディアブリーフィングに取り組むBanaresシッダールタ·シンにおけるパーリ学仏教学科教授および頭部は、このアクションは、宗教や民族の両方を理由に、インドの仏教徒を差別と述べた。

    「パーリ語の除去は、仏教の研究に大きな損傷や仏の祖国における仏教の理解である。パーリ仏教を理解する基礎となるものです。だから、インド政府のこの動きは、反対するべきです」

    「インドにおける仏教徒の感情は、この法律によって傷ついている。私たちは、野党のリーダーにして、この偉大な不正義に関する上院と下院のメンバーに、インドのマンモハン·シン首相に手紙を書いた。しかし、これまでのところ、彼らはインドの公務員試験からのパーリ語の除去のため、いかなる理由や正当性を与えていない。パーリ語の除去は、仏教の研究に大きな損傷や仏の祖国における仏教の理解である。パーリ語の仏教を理解するための基礎となるものです。だから、インド政府のこの動きは対照的にする必要があり、 “シンは言った。

    「彼ら自身があるとき、私はこの法律は、指定カーストの人々から復讐を取り、今日、インドはスリランカの人権侵害について話しているインドでは仏教の広がりを停止するための努力であると考えています。しかし、どのように彼らはスリランカを批判することができますインドに住む仏教徒社会の人権を侵害する? ”

    彼はさらに、インド政府のこの動きは、世界中の仏教国との国際関係を失い、スリランカでの彼の滞在の間に、彼は誰がこの問題について、スリランカのインド高等弁務官に覚書を手渡しする予定というインドにつながる可能性と説明彼はインド政府にメッセージを伝えるだろうと予想している。

    「私たちは、野党のリーダーにして、この偉大な不正義に関する上院と下院のメンバーに、インドのマンモハン·シン首相に手紙を書いた。しかし、これまでのところ、彼らはからのパーリ語の除去のため、いかなる理由や正当性を与えていないインドの公務員試験」

    インドの公務員試験からパーリ語の除去の結果についてコメントシンはパーリ語の上場廃止は、試験のために座って、インドの公務員への加入を(インドの仏教徒である)パーリ語に精通した候補を防ぐことができると述べた。彼はインドに住む仏教徒は、彼らが持っていたし、そのいくつかの神社や遺跡の保存が終了したような状態の愛顧を失うだろうが、これはまた、対外サービスなどのインド政権はパーリ語の無知役員が有人させると述べた。

    「「承認された被験者のリストからパーリ語を除去することにより、 UPSCは公然と(彼らは守ると誓っていた)は、インド憲法の規定に違反した、パーリ語の除去はより(仏教徒少ない少数民族の基本的権利の侵害を構成している0.79インドにおける%)、および権限の低い「指定カーストや指定部族」 、インドの憲法で保護されています。 UPSCは、インド憲法の下での公共雇用の問題における機会の平等」「物品16を、違反する’宗教を理由に差別を「構成する」の平等の権利インドの市民に基本的権利」を違反した。パーリ語の上場廃止は、指定カースト、指定部族や社会の中で他の弱い部分の教育と経済的利益の促進は社会的不公正から保護されるだろう」と述べて国家政策(第46条)の指令の原則」の下にインド憲法を侵害していると搾取のすべての形態。物品335のサービス内の記事を指定カーストや指定部族の主張。特定のクラスに関連する特別の規定に基づく「指定カーストと指定部族のための国家委員会」をUPSCに対する請求を行うための規定もあり、 「シンは言った。

    JathikaヒーラUrumaya ( JHU )議員ヴェン。また、この記者会見に出席したAthuraliye Rathanaセラは、インド政府のこの動きは、インドに住む指定カーストの人々に対する人権侵害だと言った。

    「私は、この法律は、指定カーストの人々から復讐を取り、インドの仏教の広がりを停止するための努力であると考えています。今日インドはスリランカの人権侵害について話している。彼ら自身がインドに住んで仏教界の人権を侵害しているときが、どのように彼らは、スリランカを批判することができますか?これは、インドの退行Brahmicイデオロギーに基づいてBrahmicカースト行為である、 「 Rathanaセラは言った。

    一方デイリーミラーは、この問題についてスリランカ外務省に連絡する際、ソースが、彼らはこの問題に関する総合的な情報を受け取っていたと述べた。それは多くの人々今日はパーリ現存する最古の仏教の経典はパーリ語で書かれている「死語」を検討していることは悲しいです。それは、仏は仏教文明の全体が設立されているダンマを普及するために使用される言語だった。私たちの国は本日、仏教徒の数百万が存在する国のままです。

    今日仏教は宗教ではないだけですが、それは人生の道になっています。今日(パーリ語である)仏の説法は、世界中の仏教徒によって儀式文脈で唱えているだけでなく、それはまた、実施されていると、その日々の生活の中で暮らしていた。多くはそれがあると考えるようにパーリ語は「死語」であり、今日の社会の中で「古い」のであれば、その後どのように、この言語によるライブ、今日、世界中の非常に多くの人が来る?

    戦争U -NAワン – NIAR – ACH-カイによるPIX

    http://www.dailymirror.lk/opinion/172-opinion/36388-pali-shown-the-door-in-buddhas-land-.html

    無料オンライン電子ナーランダ研究と実践大学

    与えることのアート

    68粘着性と怠け者ではない心で、最高を達成する興奮の努力により、
    徹底的にあきらめと企業努力で、一つの角のサイのように一人で料理をお楽しみいただけます。

    クラシックPALI

    68 。 âraddhaviriyo paramatthapattiyà
    Alãnacitto akusãtavutti 、
    Daëhanikkamo thàma khalåpapanno
    エコケアkhaggavisàõakappo 。

    パーリ語は今TIPITAKAは74の言語に翻訳されている古典的な言語である。そして、これらすべてが自動的に古典になる。

    適切な時期の太古からのバラモンは彼らの関心に影響を与えると感じ、何に反対している。今
    では教育を受け、その他の大半は再びそれが多数派の宗教となり、 PRABUDDHA Bharathからが原因博士BRAmbedkar 、
    KanshiramとMS
    Mayawatiの現実になるだろう戻って仏教にJambudvipaと1晴れた日の元の宗教を移動し始めたことは事実である。これは仏教に続くパスが正しいこと、したがってバラモンによって許容されていません。

    今、あなたが持っているすべてです。

    権力から議会を捨てるとBJPが戻ってくることはできません。彼らの福祉、幸福と平和のために平等に社会のすべてのセクションの中で国の富を配布し、また、それらの最終的な目標として、永遠の至福を達成するためにそれらを可能にするためにマスターキーを取得するためにBSPをサポートしています。即ち、国家の唯一の希望である。